ゆほびか ゆほびか
  • 文字サイズの変更
  • 大
  • 中
  • 小
  • SNS
  • twitter
  • facebook
  • instagram

食品ロスのサブスク、4か月でユーザー数2000人!いつ何が届くか分からない【ロスゼロ不定期便】、毎月5トンのロスを削減

2022/04/23

不定期・不定量に発生する食品ロスの特性をポジティブに活かし、わくわく福袋感覚で楽しむサブスク『ロスゼロ不定期便』、順調にユーザーを増やし、2000人に。

食品ロス削減事業を行う株式会社ロスゼロは、食品ロス発生のタイミングで利用者にスイーツや食品を届けるサブスク『ロスゼロ不定期便』を運営しています。利用者には食品ロスや環境問題に関する情報発信も積極的に行い、食品ロスへの理解を促します。


■「不定期な、定期便」。ロスゼロ不定期便とは
不定期・不定量に発生する食品ロスの特色をネガティブに捉えるのではなく、むしろ何が送られてくるかわからないことをポジティブに捉え、2か月に一度、ワクワク福袋が届く感覚で楽しんでいただく、日本初のサブスク・サービスです。余剰分の食品が多く発生したタイミングを優先してお届けします。

■ユーザーメリット
(1)食べるだけでロス削減になり、社会貢献ができる。作り手も食べ手も、地球もハッピー。
(2)いつ何が届くのかわくわく。二ヵ月に一度のお楽しみ。
(3)おトクで美味しい、こだわりの食品が届く。

■サブスク誕生の背景
ローンチ以前は、余剰分の食品が多く発生したタイミングで、中身の見えない「ロスゼロ・ボックス」を不定期に販売しており、毎回早期完売していました。利用者からは「毎月、手続きなしで買いたい」という要望がありつつも、食品ロスは発生時期と内容が安定的ではないため、サブスクリプション型での提供は難しいと判断していました。しかし、それを福袋の感覚でドキドキ楽しんでいただけるように発想を転換して2011年11月にローンチしました。

■内容 

配送 約二ヵ月に一回(例えば4月は25日発送、6月は10日など)
内容食品ロスの発生状況にあわせて詰めるため、毎回変更。
スイーツを中心とし、食材も入る
価格5000円(税込・送料無料) 定価合計1万円程度の詰め合わせ。
情報共有食品ロスや環境問題、SDGs等に関する情報をキュレーションして発信
URLhttps://www.losszero.jp/shopdetail/000000000354
賞味期限 4週間以上あるものが5~6割。短いものがある場合は、お届け時に明記


■ローンチ後の経過
ユーザーが順調に増え、開始4か月で2000人を突破。出荷する「食品ロス予備軍」は、毎月5トンに及ぶ(4月時点)。一年以内に、サブスクによる削減量は毎月15トンになるとみている。
 

 ■ロスゼロ概要
2018年4月より、製造や流通段階で行き場を失った余剰・規格外品食品を消費者に直接つなぐEC(BtoC)事業、未利用の原材料を使ったアップサイクル食品を製造・販売するDtoC事業、サブスクリプション「ロスゼロ不定期便」を運営し、サステナブルな社会の実現を目指して食品ロス削減事業を行っています。
2020年「食品産業もったいない大賞」特別賞を受賞。
ロスゼロ不定期便は、東急アライアンスプラットフォーム2021 DemoDayにてオーディエンス賞を受賞。

・会社名:株式会社ロスゼロ 代表取締役 文美月
・所在地:〒550-0014 大阪市西区北堀江1-1-21 四ツ橋センタービル9F
・URL: https://www.losszero.jp/

何が届くかワクワクして、食べてフードロス削減!お楽しみ感覚で続けられそうですね。