ゆほびか ゆほびか
  • 文字サイズの変更
  • 大
  • 中
  • 小
  • SNS
  • twitter
  • facebook
  • instagram

「トホカミエミタメ」「とほかみえみため」は最古で最強の開運祝詞

2020/02/22

Photo by (c)Tomo.Yun http://www.yunphoto.net

日本最古とされる不思議な響きの祝詞

「トホカミエミタメ」は、最も古くからあり、そして最も強力だといわれる古神道の祝詞です。この祝詞にはさまざまな解釈がありますが、そのうち3つの見方をご紹介します。

 1つは、神様の名前の頭文字だという説です。「トホカミエミタメ」と8文字ありますので、8柱の神様になります。国常立神という、日本の国土を作った根源神の子どもの8柱ではないかと言われています。

 もう1つは、「トホカミエミタメ」という8文字それぞれが「ト=東」「ホ=東南」「カ=南」「ミ=南西」「エ=西」「ミ=西北」「タ=北」「メ=東北」と8方位を示すという説です。

 そしてもう1つが、私が最もしっくり来ている見方です。それは、「トホカミエミタメ」が次の3つを表しているというものです。

①天之御中主神(天祖神)
②産土神
③伊弉諾・伊弉冉(父母神)


 ①はこの宇宙が始まった「天地開闢」のときに現れた造化三神の1柱で、すべての根源の神とされます。宇宙を象徴する神ともいえます。

 ②は生まれた土地の守護神です。生まれた土地のことを産土といい、かぎられた地域を示す場合もありますが、私たちは皆、地球にいることから、大きくは地球を象徴します。

 ③は国生みと神生みをした男女神で、父母、祖先を象徴します。どなたにもご両親がいますが、先祖をたどっていくと究極的には伊弉諾・伊弉冉にたどりつきます。

 ①の宇宙、②の地球、③の父母は、今私たちを存在せしめているすべてを指します。これらすべてを祓い清めるのが「トホカミエミタメ」であり、それが、この祝詞が最強と呼ばれるゆえんです。

私たちを取り巻くすべてに感謝を届ける

 この解釈を漢字を使って表したのが、上に掲載した祝詞になります。これを「三種の祓詞」といい、1行ごとに天祖神、産土神、父母神に敬意を表し、祓い清めの祈りを届けるものになっています。神様への感謝の心をもって唱え続ければ、あらゆる運気が向上し、至高の人生へと歩んでいけるでしょう。

【超・大金運法】『まずは置いてみてください!』

関連記事