ゆほびか ゆほびか
  • 文字サイズの変更
  • 大
  • 中
  • 小
  • SNS
  • twitter
  • facebook
  • instagram

2020年2月号の読みどころ


高血圧・糖尿病・不眠・耳鳴り・ぜんそくに著効!
自律神経最強セルフケア
 

自律神経は体温調整や血行、代謝など、体のさまざまな働きをコントロールする神経。

「緊張」の交感神経と、「リラックス」の副交感神経から成り、
そのバランスが整っていれば、心身ともに快適です。

ところが、冬は寒さのために1年で最も交感神経が活性化するため、バランスを崩しがち。

本特集では、そんなバランスを自分で回復する簡単な方法を集めました。

付録のCDを聴きながら、チキンスープを飲めば、今冬は健康に過ごせることでしょう。


 Part 1 
交感神経も副交感神経も高いのが理想!
この「チェックリスト」で状態の確認を

自律神経研究の第一人者、順天堂大学医学部・小林弘幸教授が実際に患者さんに使っていた「自律神経セルフチェック」を紹介します。
小林教授によると、自律神経のバランスは4タイプに分けられると言います。
4タイプの特徴とそれぞれの対処法を解説していただきました。
どうぞご活用ください。


 Part 2 
陰陽のバランスが整い自律神経もアップ!
不安・イライラが消失するおいしい「チキンスープ」

イライラや不安、不眠などに悩まれていませんか?
病院に行っても、薬を飲んでもなかなかよくならない場合、血が足らない可能性があるのです!
そんな方に出雲大社の参道にある、漢方薬局の四代目・堀江昭佳先生がお勧めしているのは、手羽中や手羽元などの鶏肉をショウガやクコの実などと煮込んだ「チキンスープ」です。
血のもとはたんぱく質。
たんぱく質が足らないと、血が作られないだけではなく、髪の毛や肌にも悪い影響があります。
鶏肉はたんぱく質でできていて、糖質もほぼゼロ。
血糖値の急上昇が招く自律神経の乱れも防いでくれます。
この「チキンスープ」を飲んだ方の中には、妊娠できたという方も!
女性に嬉しい効果が多く期待できる、この「チキンスープ」、ぜひ1度作ってみてください。


 Part 3 
小林弘幸教授も推奨!
グッスリ眠れて痛み・ぜんそく・更年期障害に効いた!

「528Hzピアノ音CD」

“癒しの周波数”と言われる528Hz(ヘルツ)。
この音を基音にピアノを調律し、倍音が幾重にも響くように作曲されたのが528Hz音楽です。
528Hz作曲家でピアニストの永魂さん(ACOON HIBINOから改名)は、この音楽で日本レコード大賞企画賞を受賞しました。
今回、永魂さんに「ホッと一息つけて、心が晴れる!自律神経が整う!」というテーマで、約20分の528Hz音楽の作曲を依頼して、付録CDにしました。
併せて、出来上がった曲を事前に2週間聴いていただいたモニター調査の結果も紹介します。
「30年ぶりにグッスリ眠れた」
「心のモヤモヤが浄化された」
「5カ月続いた首の痛みが消えた」
「ぜんそくの発作が薬なしで治まった」
という喜びの体験談も。
とにかくリラックスできる、寝落ちする心地よい音楽をどうぞお楽しみください。


 Part 4 
慢性疲労・耳鳴り・かすみ目が治った!
1分で自律神経の疲れを取る

「寝たままひざストレッチ」

「疲れが取れないな……」と思うようなことはありませんか?
それは、睡眠の質がよくない、血流がよくないのが原因です。
疲労回復専門医の梶本修身先生は、疲れを取るには、脳や自律神経から疲労を取る必要があると言います。
そのためには、質のよい睡眠を取ることが重要なのです。
質のよい睡眠を取るのに、大敵となるのがいびき。
いびきをかいて寝ているのは、体内にじゅうぶんな酸素が取り込めないことを意味します。
睡眠中でも自律神経をフルに働かせてしまうのです。
また、血流が悪いのも同様に自律神経の負担を増やし、疲労が増加します。
このような問題を解消するのが「寝たままひざストレッチ」。
たった1分のストレッチでいびきを解消し、血流をよくすることで質のいい睡眠に導きます。
また、自律神経は年齢とともに老いていきますが、寝たままひざストレッチは、その老化を防止することもできます。
ぜひ日々の生活の中に取り入れてみてください。


 Part 5 
たった1度で高血圧が改善!
糖尿病・腰痛・ネコ背を撃退!

医師が勧める「腕振り体操」

「腕振り体操」(スワイショウ)は、上半身を左右に振る体操です。
中国で古くから伝わってきた体操で、太極拳などにも取り入れられています。
腕振り体操は「百病皆治」、つまり、さまざまな病気を治す効果があるとされています。
体の痛み、不眠、便秘などの解消のほか、高血圧や糖尿病など、生活習慣病全般にも効果的なのです。
さらに、瞑想状態となり、やる気やプラス思考、ひらめきを得やすくなります。
このことから、動く禅と捉えて「動禅」とも呼ばれています。
このような効果があるのは、背骨をねじる動作があるためです。
自律神経は、背骨の中にある脊髄から各器官へとつながっています。
背骨をねじることで背骨は柔らかくなり、自律神経のバランスが整うのです。
近年、自律神経失調症や生活習慣病、うつなど心の不調を抱えるかたが増えていますが、これは運動不足により背骨が硬くなっているのが原因の一つです。
体や心の不調に悩んでいるかたは、ぜひ日常に腕振り体操を取り入れてみてください。


 Part 5 
自律神経が整えば人間関係は楽になる!
大人気カウンセラーが教える

「魔法の言葉」

大人気心理カウンセラーの大嶋信頼先生のもとには、自律神経失調症のかたも多く訪れるそうです。
大嶋先生いわくそのかたがたの多くは、 身近な人…特に母親との関係性が原因で知らないうちにトラウマを抱えていて、その結果として、自律神経が乱れたり人間関係をうまく築けなかったりしているのだそうです。
そんなかたにぜひ唱えていただきたい、予想外の「魔法の言葉」を伺ってきました。
驚くけれど納得!――な、ぜひお試しいただきたい一言です。



6億円、5億円当せん!
日本一の開運寺住職が直伝!
2020年に金運を爆上げする
最高の初詣のコツ

お正月はほとんどの人が神社やお寺に「初詣」に行くと思います。
でも、ただなんとなく出かけてお賽銭箱に小銭を入れて、「パンパン」とお願いして帰って来てませんか?
せっかく初詣に出かけるのに、それではもったいないのです。
実は初詣は、その年の運気を爆上げできる最大のチャンス!
しっかり作法と極意をつかんでお参りすると、神様や仏様にその願いは届き、運気を確実にアップできるのです。
誌面では、参拝者の中から宝くじ1等の当せん者が続々出ている日本一の開運寺・長福寿寺の住職に、大金運をつかむ「初詣のコツ」を教えていただきました!
お正月のお祝いで、2020年の開運吉日がわかる開運日カレンダーのプレゼントもあります!



金運・死後音運・健康運が上昇したと
日本全国で大反響!
奇跡の写真家の
「カムイの空の写真」

『ゆほびか』誌上で大人気を博している龍を呑んだ写真家・秋元隆良さんの最新作「カムイの空」。
カムイとは「神威」と書き、アイヌの言葉で「神」のことを指します。
北海道の積丹郡にあるカムイ岬で秋元さんが撮った写真には、伝説のある神威岩に向かって飛ぶ2匹の龍と、その龍たちを先導するように舞う鳳凰の姿が写っていました。
不思議なパワーを秘めた秋元さんの写真は、見るだけで開運するとたいへん評判です。
誌面では壮大な「カムイの空」のほか、宝石のような霊峰が写る「ダブルダイヤモンド富士」、八百万の神々が次々に舞う「神在月にて」、美しい白い彼岸花に天界からの光が差した「天界の光」ほか、見どころ満載の最新作をご紹介しています!
飾ったり、持ち歩いたりできる「奇跡の写真 ミニ付録カード」付きです。



指先の激痛・腱鞘炎・ひざ痛が治った!
肌や髪もツヤツヤに!
医師も絶賛!
手作り
痛み消し干しブドウ

一説によると、指の第1関節が変形し、痛みを伴う「へバーデン結節」という原因不明の病気に悩まされている人は、300万人にも及ぶそうです。
また、病気の診断は下りていなくても、ひじやひざ、指先や指の関節などに痛みを抱えているかたも想像以上に多いものです。
そこで、誌面では簡単においしく関節痛の痛みを解消できる「痛み消し干しブドウ」をご紹介します!
この痛み消し干しブドウを教えてくださったのは、あらゆるものの根源のエネルギーである「気」の活用法を開発・提案されている観月環先生です。
元薬剤師として生命力を高める食養生の大切さを実感されてきた先生が、指先の痛みに悩まれているときに、薬学文献の中から痛み消し干しブドウのレシピを見つけて試してみたところ…なんと2週間で痛みが消えたというのです!
誰でも簡単に作れて、おいしく食べられる痛み消し干しブドウの作り方から、医師・生薬研究の第一人者の解説、痛みから解放された人びとの体験談までを大公開!
痛みに悩んでいる人には、絶対に見逃せない内容になっています!