ゆほびか ゆほびか
  • 文字サイズの変更
  • 大
  • 中
  • 小
  • SNS
  • twitter
  • facebook
  • instagram

斎藤一人「愛と光と忍耐」の話 vol.4 
【神の世界に気持ちを置く】

2020/04/11

 納税日本一の幸せ富豪・斎藤一人さんが明かす、ほんとうの自分を思い出して幸せに生きるためのお話、第4回をお届けします!(ゆほびかweb編集部)

間違った常識が不幸を呼び寄せる

  あのね、不幸はその人が呼び寄せてるんです。
 で、なぜそれを呼び寄せたかっていうと、その人の常識に間違いがあるんです。で、その常識は自分自身の常識ではないんです。親や世間から教わったことがこんなにたくさんあるんです。親や世間だって、よかれと思って、教えているのかもしれないけれど。

 それから、自分の育った環境があるんです。で、自分の些細な経験があるんです。
 それから割り出して作ったものが、自分の常識なんです。
 成功する人は、必ず神の世界にいる人なんです。
 で、愛と光と忍耐の、忍耐ってなんですかっていったら、忍耐強く、神の世界に気持ちを置くってことなんです。愛と光に気持ちを置くんです。私は仕事で忍耐とかつらい思いってしたことないんです。

 地獄考えでものをやるから、ものすごい苦しい忍耐が出てくるんです。忍耐ってね、我慢しろってことじゃないんです。
 暗くなりそうになったら「私は愛と光と忍耐です」って言ったり、天国言葉を言ったりすれば、振り子はすぐに戻るんです。わかるかい?

  心は、言葉に伴っちゃうんです。で、普通の人は感情にまかせて話すからね。感情は必ず不安のほうにいくようになってるんです。
 で、悪魔の世界でしゃべるからいけないんです。
「私は愛と光と忍耐です」って言って、1回振り子を戻すことがたいせつなんです。
 天国言葉を言うか、「私は愛と光と忍耐です」って言ってから話すくせをつけるんです。
 そうすると、振り子はすぐに戻るんです。言っている意味わかりますか?

言葉という舵を愛と光に切る

 感情に任せてしゃべるその前に、言葉という舵があるんです。で、その言葉を使って、方向を忍耐強く、愛と光に持っていくんです。
 愛と光と忍耐っていうのは、いつも心を愛と光に置く、っていう忍耐なんです。わかるかな。

 不幸な人っていうのは、不幸なくせがあるだけなんです。忍耐の忍っていう字は、「刃物」の下に「心」なんです。
 だから、いくらたばこがやめられないって言っても、後ろで刀持っている人が立ってて、「たばこを吸ったら切るぞって」ってやってたら吸わないでしょ?(笑)。
 それと同じで、歯磨きでも、いつも右側から磨く人でも、左側から磨くのが正しいんだって言って、1週間くらい黙々と、左側から磨いていればくせになっちゃうんです。(第5回に続きます)


 

関連記事