ゆほびか ゆほびか
  • 文字サイズの変更
  • 大
  • 中
  • 小
  • SNS
  • twitter
  • facebook
  • instagram

【台所が大好きになる片づけ】③食後は台所をリセットしてもとの状態に戻す

2021/01/06

ふきんを3枚用意し、洗った食器はすぐふく

「調理中に汚れをすぐふく」というルールと同じくらい大事なのが、食後の正しい片づけルールです。

 めんどうなことは一つもありません。食事が終わったらすぐ、ルールどおりに調理道具と食器を片づけ、調理台と床に汚れや水跳ねが残っていないか最終チェック。快適な台所に、完全リセットします。

 ここでも、重要な役割を果たすのは、まとまった枚数の、乾いた清潔なふきんです。

 床や調理台の汚れをすぐふくのと同様、調理道具や食器の水滴も、濡れたままでの放置は厳禁。洗ったらすぐに、気持ちよくふきあげましょう。

 調理道具や食器の量にもよりますが、夕食1回分の片づけで、使用枚数は3枚が目安です。

慣れると体が勝手に動くようになる

 こうお伝えすると、「いつも自然乾燥させていて、食器はふかないんです」というかたが実に多いのですが(笑)。

 たくさん重ねられた食器の山の下のほうは、ほんとうに乾いているでしょうか。食器と食器の間に残った水分が、嫌なにおいをさせていたり、食器をぬるぬるさせていたりしませんか? そこで、菌が繁殖しているのです。

 また、調理台にいつまでも食器が載ったままだと、それだけで生活感満載。次の調理もスムーズに始められないですし、台所に立つのが憂うつになる原因となります。

 台所を使うたびに元のフラットな状態にリセットするのは、最初は、億劫かもしれません。でも、正しいルールが習慣になれば、何も考えなくても体が勝手に動きます。

 フラットな台所がキープできると、台所に立つ時間は、大幅に短縮されます。台所へのネガティブな感情も、確実に軽減します。

 下記のチャートも参考に、ぜひ、台所リセットの習慣を身に付けてください。