ゆほびか ゆほびか
  • 文字サイズの変更
  • 大
  • 中
  • 小
  • SNS
  • twitter
  • facebook
  • instagram

【秋元隆良】龍を呑んだ写真家が撮る「奇跡の写真」とは?金運・健康運・仕事運がアップする

龍を呑み込んでから人生が変わった!

私は、2017年刊の『ゆほびかGOLD』vol・36に初めて登場して以来、さまざまな「奇跡の写真」を誌面でご紹介してきました。それは、通常なら撮ることのできない不思議で壮観な富士山の写真から、龍、鳳凰、精霊など、伝説上の生き物が写り込んだ写真まで、まさに奇跡のカットと呼べるような代物ばかりです。

しかし、私はもともとスピリチュアルな写真を専門で撮るカメラマンではありません。これまで40年以上、鉄道や風景、ポートレートなどを中心に撮影してきたカメラマンで、そのような超常現象はむしろ信じないほうでした。

ところが、8年前、とても不思議な出来事に遭遇して以来、私の人生は大きく変わったのです。

ある日、知人から「駐車場に変な動きをする、見たことのない生き物がいる。撮影してくれないか」という連絡がきました。私がカメラを持って駆けつけると、駐車場の小さな水たまりの一カ所が、生き物のようにモゾモゾと動いているのです。それはブクブクと泡を立てたり、クルクル回転したり、明らかに普通ではない動きをしていました。

「まるで小さな龍がいるみたいだ」と思った私は、地面に這って夢中でカメラのシャッターを切りました。すると突然、水たまりからポンッとその生き物が飛び出し、私の口に入ったのです。「あっ」と思ったときには、すでに呑み込んでいました。

それ以来、私の周りでは不思議なことが起こるようになりました。奇跡の写真が撮れるようになったこともその一つです。

龍を呑み込んだ後、しばらくして秋元さんの自宅の玄関に現れた龍の写真。
以降、不思議な写真が撮れるようになる

さらに不思議なのは、この写真を人に見せると、なぜかその人に幸運が訪れるのです。「親の病室に飾ったら難病が完治した」「パチンコで勝ち続けて800万円も貯まった」「子どもが難関校に合格した」など、信じられないような感想をいただくようになりました。

富士山の浮かぶ洋上に巨大な龍が現れた!

これまで『ゆほびか』などの雑誌や、写真展などで多くの奇跡の写真をご紹介してきましたが、特に人気が高いのは「龍」の写真です

その中でもとりわけ大人気なのは、今回、巻頭に特大ポスター付録として付けました「金龍」です。
南アルプス山脈で撮影されたこの龍は、高度3000m以上の山頂から、重力に逆らうようにクネクネと昇り行く姿を撮影したものです。金色に発光する神々しい昇龍の姿は、見る人に多大なエネルギーを与えるようで、公開以来、ずっと大きな反響をいただいています。

南アルプス山脈の上空に突然現れた「金龍」。
金色に輝き、雄々しく上空に昇る様に強いエネルギーを感じる


今回、『ゆほびか』読者さんのために、初めてポスターサイズでの「金龍」を用意しました。龍の写真は、縁起がいいとも、開運効果があるとも言われます。たいへん珍しい龍の写真を飾り見ることで、皆さんの心の充実に寄与できれば幸いです。

また、今回はこれまで特に人気を集めたそのほかの龍の写真を、未公開の新作とともに一挙ご紹介したいと思います。
未公開作品の中でも、私のイチ推しは、「大龍」です。これは私が海から見た富士山を写真に収めようと、静岡は御前崎の先端まで行ったときの写真です。岬の先から臨む富士山は、まるで駿河湾に浮かんでいるように見え、「洋上の世界遺産」と呼ばれるほど荘厳な姿をしています。

その霊峰の姿を撮影中、南側の沖から髭まで生やした巨大な龍が悠然と現れたのです。富士山の前に現れた対比から、その存在感は圧倒的なものでした。

駿河湾は最深部が2500mに達する日本一深い湾として知られています。かつては本州から数百㎞南にある海底火山群だった伊豆は、プレートとともに北へ移動し、60万年前、本州に衝突したことで現在の伊豆半島になったそうです。

現在も巨大地震の発生が危惧されるほど莫大なエネルギーを持つ地帯だからこそ、これほどの巨大な龍が現れたのではないでしょうか。

ほかにも、今回は縁起のよい、エネルギーの強い龍の写真ばかりを集めました。私の写真を見たかたがたに何かのきっかけを与え、人生によい光を差すことができれば、私もうれしい限りです。

秋元隆良の関連書籍

関連記事