ゆほびか ゆほびか
  • 文字サイズの変更
  • 大
  • 中
  • 小
  • SNS
  • twitter
  • facebook
  • instagram

「#ちょい足し食物繊維」で【もち麦】を使った生活のお悩み解決を提案!

2021/02/09

 健康のために取り入れたいと思いつつも、ついつい不足がちになってしまう食物繊維。そんな食物繊維が豊富な「もち麦」なら、手軽に取り入れられそうです。

 穀物のリーディングカンパニー「株式会社はくばく」は、コロナ禍における便秘症状や日々の健康管理に悩みを抱えている人を社会的問題として捉え、お客様の健康と豊かな食生活を実現するためにも「もち麦」で「#ちょい足し食物繊維でお悩み解決キャンペーン」を2021年2月8日(月)より実施中です。

 また、パナソニック株式会社では、食のコミュニティサービス「EATPICK」において、同時期に「もち麦で“腸”すっきり!ちょい足し食物繊維 料理投稿キャンペーン」を実施します。

 両キャンペーンを通して、もち麦を日々の生活に取り入れるアイデアを創出し、生活のお悩みを解決することを目指します。

 現代の日本人の多くは、食物繊維が慢性的に不足しています。食物繊維が多い食材というと、ごぼうや玄米などが思い浮かぶかと思いますが、「もち麦」は、ごぼうの2倍、玄米の4倍あります。しかし、「もち麦」はまだまだご自宅でどのように取り入れたら良いのか分からない人が「55.8%」と半数以上もいることが分かっています。

 そんな食物繊維豊富な「もち麦」は、健康が気になる今こそ、手軽に取り入れやすくおすすめの食材です。日々の食事に「もち麦」ちょい足し習慣始めてみませんか?

はくばく「#ちょい足し食物繊維で、お悩み解決キャンペーン」

 はくばくのもち麦を日ごろの食事メニューにちょい足しした写真を撮影し、「#はくばく」「#ちょい足し食物繊維」と、「もち麦をちょい足ししてみて良かった事」を添えて、Instagramに投稿してください。もち麦お試しセットやAmazonギフト券、Panasonicタンブラーミキサーが当たります。

■応募期間:2021年2月8日(月)~3月31日(水)
■賞品  :毎週50名様に「もち麦お試しセット」、 期間中10名様に「Amazonギフト券9000円分」、 期間中1名様に「Panasonicタンブラーミキサー」

キャンペーンサイト
https://www.hakubaku.co.jp/brand/mochimugi/campaign/choitashi/

パナソニック「もち麦で“腸”すっきり!ちょい足し食物繊維 料理投稿キャンペーン」

 食に関する新たな発見や楽しみを共創するWebコミュニティサービス「EATPICK」にて実施。
キャンペーンの参加方法は、「もち麦活用アイデアを投稿いただく」または、「投稿に対してコメントするまたはSNSでシェア」の2パターンあります。
コメント数またはSNSへのシェア数が多い投稿の上位6名様に、パナソニック製品をはじめとした賞品をプレゼントします。
投稿するのは、大変と思われる方は、投稿へのコメントやSNSシェアだけで、抽選で300名様に、EATPICKマルシェで使えるクーポン券(1000円)をプレゼントいたします!

■応募期間:2021年2月8日(月)~3月31日(水)
■賞品  :

キャンペーンサイト 
https://www.eatpick.com/articles/view/26500?hakubaku_corporate

「もち麦」でスッキリ。日本人は食物繊維が不足している

 お通じを良くするなどの整腸効果に加え、血糖値の上昇を抑えたり、コレステロール値を下げたりと、さまざまな健康効果が期待されている食物繊維。しかし、現代の日本人の多くは、「食物繊維」が慢性的に不足しているのです。1日に摂取したい食物繊維の目標量は、男性(18~69歳)で20g以上、女性(同)で18g以上です(*1)。一方、食物繊維の1日の平均摂取量を見てみると、男性(20歳以上)15.2g、女性(同)14.8gとなっています(*2)。つまり、3~5gほどの食物繊維が不足していることになるのです。

 食物繊維が多い食材というと、ごぼうや玄米ですが、実際には100gあたりの食物繊維量で比較すると、「もち麦」が圧倒的に多く、ごぼうの2倍、玄米の4倍です。
*1 「日本人の食事摂取基準(2015年版)」(厚生労働省)より
*2 「平成29年国民健康・栄養調査」(厚生労働省)より
※『おいしい大麦研究所』https ://www.hakubaku.co.jp/omugi-lab/、食べるカラダメンテナンス 「不足しがちな食物繊維を手軽に摂れる食材とは?」 より

「もち麦」の使い方を理解していない人は“半数”以上も!

 近年メディアでも健康食材として多く紹介されるようになった「もち麦」ですが、認知率が高まっている一方で、まだまだご自宅でどのように取り入れたら良いのか分からない人が「55.8%」と半数以上もいることが分かっています。

食べ方いろいろ!進化した”もち麦”関連商品

株式会社はくばく
https://www.hakubaku.co.jp/

 普段の食事に、もち麦をちょっと足すだけで食物繊維をケアできるのはうれしいですね。上手に食物繊維を取り入れて、スッキリ軽やかな生活を目指してみるのも良さそうです。