ゆほびか ゆほびか
  • 文字サイズの変更
  • 大
  • 中
  • 小
  • SNS
  • twitter
  • facebook
  • instagram

【災害備蓄】に!「永谷園」の長期保存可能なアイテム

2021/03/07

 3月は防災への意識が高まる時期です。ご家庭の備えでまず思い浮かべるのは食べ物という方も多いと思います。普段から少し多めに買って、使った分だけ買い足すことで一定量を備える「ローリングストック」の考え方も定着してきました。永谷園では、平時・非常時に関係なく、どんな時でも食べられる長期保存可能な商品を発売しています。

 株式会社 永谷園は、災害時にも役に立つ「フリーズドライご飯」「エー・ラベル(A-Label) あたためなくてもおいしいカレー 5年保存」をご案内いたします。

 平時、非常時に関わらず、どんな時でも「簡単に」「早く」「おいしく」食べることができ、「安全で安心」であることを念頭に置いて作られた長期保存が可能な商品です。ご家庭やオフィスでの備えとして、ぜひご活用ください。

フリーズドライご飯(賞味期間 8年)

■開発の背景

 東日本大震災で防災食の大切さが浮き彫りになった際、防災食の主流がアルファ化米であり、お湯でも戻すのに時間がかかるという課題があることに着目しました。そこで、さけ茶づけやみそ汁で活用しているフリーズドライ技術を駆使して、お湯でも水でも早く戻るフリーズドライご飯を開発。「簡単に」「早く」「美味しく」食べられる防災備蓄食として、2017年4月から商品展開がスタートしました。

■商品特長

○食器不要で食べられます。
・パッケージがそのまま容器なり、袋内部には注水量の目安線が付いているので、お湯・水の計量も不要です。
・スプーンが入っているので食器を揃える必要がありません。

○フリーズドライ製法で、すぐにご飯が食べられます。
・お湯3分、水5分で「ご飯」ができます。
・水やお湯を使わずに、そのままでも美味しく食べられます。

○水加減で食感が変えられます。
・体調や年齢、好みに合わせてお米の硬さを調節できます。
 ①水なしでそのまま:あられのような食感で、スナック感覚食べられます。
 ②注水量「ふつう」:消化を良くするために少し軟らかめ。できあがりは260g(おにぎり約2つ分)
 ③注水量「やわらかめ」:お粥のような軟らかさで、できあがりは340g(お茶碗約2杯分)

○食物アレルゲン28品目不使用 (※)

エー・ラベル(A-Label)カレー(賞味期間5年)

■商品特長
○あたためなくても食べやすい品質
 常温でも固まりにくいパーム油を使用しています。
○「特定原材料(卵・乳・小麦・そば・落花生)・大豆」不使用原料の選定から生産時のコンタミネーション、出荷に至るまで、特別な体制で厳重に管理されています。
○「香料・着色料」「化学調味料」不使用

■「フリーズドライご飯」について
 防災食ご飯は「アルファ化米」が主流ですが、弊社グループでは、より短い調理時間でお召し上がりいただけるフリーズドライ(以下FD)製法を採用したご飯を2017年より発売しています。長年にわたりノウハウを蓄積したFD技術を活かし、災害時においても「手軽に」「おいしく」お召し上がりいただけることはもちろん、不安に煽られる時に少しでも「安心して」食べ物を口にしていただきたいという思いから、一目で永谷園の商品とわかる〝定式幕〟を採用したパッケージデザインになっています。

 また、製造後8年間という長期保存が可能な商品となっており、古くなった備蓄食を入れ替える等の手間の軽減にもお役立ていただける商品となっています。

■「食物アレルギー配慮商品」について

 弊社では、食物アレルギーをお持ちの方でも安全に、安心しておいしく召し上がっていただける食物アレルギー配慮商品の開発に力を入れています。「卵・乳・小麦・そば・落花生」及び「大豆」、さらに「香料・着色料」「化学調味料」を使わずに作ったレトルトカレーやふりかけなどを発売し、食物アレルギーに悩むご家庭を中心にご支持をいただいています。

■永谷園独自のブランド 「A-Label」シリーズ とは

 「食物アレルギーを持つ方のご苦労を少しでも軽減し、安心しておいしく召し上がっていただける商品を提供したい」という思いで開発された「食物アレルギー配慮商品」。2003年に誕生した「A-Label」シリーズは、食品表示法で表示が義務化されているアレルゲン(卵・乳・小麦・えび・かに・そば・落花生)のうち、「卵」・「乳」・「小麦」・「そば」・「落花生」及び「大豆」と「香料・着色料」「化学調味料」も使わない、永谷園独自のブランドです。

 「食物アレルギー配慮商品」には「A-Label」シリーズのほかお子様に人気のキャラクター商品があり、いずれの商品も、原材料の選定から生産に至るまで特別な管理・検査体制のもと、コンタミネーション(微量混入)にまで気を配った安全で安心な商品となっています。

 いつ起きてもおかしくない災害への、普段からの備えにぴったりの商品ですね。