ゆほびか ゆほびか
  • 文字サイズの変更
  • 大
  • 中
  • 小
  • SNS
  • twitter
  • facebook
  • instagram

斎藤一人「一瞬でお金に愛される言霊」vol.12
株は買うべき?

2020/05/04

  自他ともに認める幸せ富豪・斎藤一人さんの「唱えるだけで幸せなお金持ちになっていく」言霊を大公開!誰もが疑問に思うその仕組み、手法を易しく一問一答式でお伝えします。(ゆほびかweb編集部)

【質問】株を買うことについて、どのように思われますか?

  サラリーマンの夫が今、株を買おうとしています。「アベノミクスで株価が上がっている今がチャンスだ」とか、「株だけではなく、オリンピックがあるから土地を買うのもいいんじゃないか」とか、「万一のために金も買っておこう」とか、いろいろ本を読んでは、考えているようです。
 それってどうなのかな、と私は思うのですが、「お金にも働いてもらってお金持ちになろうよ」と夫は言っています。
 こんな夫と私に、事業家である斎藤一人先生から、ご意見をいただけませんでしょうか。すずめの涙ほどの資金なのですが、今、現金で持っておいたほうがいいのか、預金がいいのか、投資をしたほうがいいのか、もしアドバイスがあればお教えください。

【回答】投資でもうかる人は100人に1人ぐらいだと思ってください

 今は低金利だから、預金をしてもあまり利息がつかない。
 でも、株を買ったり、金を買ったりしても、上がることもあるし、下がることもあるんです。だから、自分たちは投資に向いているのか、投資でも株に向いているのかを、まず知ることが大事ですよね。
 投資でもうかるのは、30人に1人ぐらい? いや、100人に1人ぐらいだと思っていれば、まず間違いないでしょう。あなたや旦那さんに、その100人に1人の才能があるかどうかは、やってみないとわかりません。歌も、歌わせてみないとうまいかどうかわからないのと同じです。駆け足も、走らせてみないと、わからないでしょう。


 もし仮に、試しにやってみようとなったら、「すずめの涙しか資金がないことがありがたい」と私は思います。なぜなら、読みが外れたとしても、損をするのは、すずめの涙程度で済むからです(笑)。うんと資金を注ぎ込んで損したら、膨大なお金がなくなっちゃうんですよね。
 だから、そのすずめの涙の資金で、一生懸命考えてやってみるのもいいと思います。資金がすずめの涙ほどしかないのは、ツイてることですから、お金がないうちに勉強してみたらいいと思います。(vol.13に続きます)

関連記事