ゆほびか ゆほびか
  • 文字サイズの変更
  • 大
  • 中
  • 小
  • SNS
  • twitter
  • facebook
  • instagram

【清水義久】神様に請求すれば 払ったお金は全額戻ってくる

2020/03/24

労働の対価はすべて神様からもらう

 お金に関するネガティブな思考の一つに「一生懸命働いているのに、収入が少ない」というものがあります。これは、お金持ち思考とは正反対の考え方だといえます。

 マルクスの資本論は「労働者は自分の時間を労働力として売り、その対価として収入を得ている」としますが、神様の視点からすると、そうではありません。

 この世の商売は、ほんとうは一銭もお金を発生させていません。すべての仕事は、人に捧げるサービスです。時間を労働力として売ることも、仕事を売ることもしていません。私たちが売っているのは、真心です。

「人や社会の役に立ちたい」「みんなに喜んでもらいたい」と真心を込めて仕事をして、すべてをサービスとして放出し、労働の対価は全額、神様からもらいます。

 そして、あらゆる人々が元気に豊かになる方向性で仕事をしている「よい人間」を神様は助けます。私はこれを「神の資本論」と呼んでいます。

 神の資本論に基づけば、お金の心配は何一ついりません。大事なのは、神様が応援してくれる「よい人間」になれるかどうかだけです。

 そこで、仕事に対する考え方を、例えばこんなふうに変えてみてはいかがでしょうか。

 あなたの月収が20万円だとします。「1カ月働いても20万円か」と嘆くのではなく、「29日は無償で働いて、給料日の1日は、日給を20万円もらっている」と考えるのです。

そして、日給20万円に値する、もっと人に喜んでもらえる仕事ができるよう、誠心誠意、全力で仕事に取り組みます。

よい人間になります。ありがとうございます。私の仕事が多くの人の幸せと反映につながりますように」。

このように考え、仕事をする人は必ず神様が味方します。

「ぜひ速やかに、全額お戻しください」

 お金は喜んで使うと、いずれそっくり自分の手元に帰ってくるという話も、神の資本論に合致しています。

 喜んでお金を使うことは、善意の寄付や施しなどと同じく、世の中に愛と感謝、豊かさのエネルギーを増大させることになり、神様の望みに叶うからです。

 もし、お金を支払うとき、高いとか嫌だなと感じそうになったら、すぐに

神様、ありがとうございます。今、私は豊かさのエネルギーを使い、(お金を支払った相手に)いいことをしました。ぜひ速やかに、全額お戻しください

と、神様に請求してください。必ず、全額以上が戻ってきます。

 こうした態度でお金とつきあっていくうちに、お金にまつわるマイナスのイメージやネガティブな感情が消えて、お金に対する価値観が変わってきます。

「自分は無限の豊かさとつながっているから、いくらお金を使っても困ることはない」という確信と安心感が芽生えてきます。

これこそがお金持ち思考であり、強力な金運を得る秘訣なのです。

関連記事