ゆほびか ゆほびか
  • 文字サイズの変更
  • 大
  • 中
  • 小
  • SNS
  • twitter
  • facebook
  • instagram

【ひすいこたろう】「ごきげん長者」の成功法則② ~心の周波数を圏内にする

2021/01/03

ひすいこたろうさんは、独特の言葉の感性で、ものの見方や考え方を伝える達人です。多くのベストセラーを送り出し、その著書を読んで救われたという人は数知れません。今回は、読み終わった瞬間に、どんな人でも一瞬にして幸せなお金持ちになる「ごきげん長者の法則」を提言してくれました。想像を超えるハッピーが雪崩れ込む、その驚きの思考の真髄に触れてください。

前回はこちら

幸せは向こうから歩いてくる

 宇宙が起こす、都合のいいこと。
 僕が下のバングルを買ったときも、都合のいいことが起きました。

 僕は、あるお店で見たこのバングルに一目惚れして、どんな人が作ったのか知りたくなり、ネットで調べたら、ナバホ出身のインデイアン・ジュエリー・アーティストのコディ・サンダーソンという人だとわかりました。

 作者の顔もそのときに初めて見たんですが、その1週間後ぐらいでしょうか。東京の表参道を歩いてると、1週間前にネットで見たアメリカ在住のコディ・サンダーソンが向こうから歩いてくるじゃないですか!

 そう、幸せは向こうから歩いてくるんです!(笑)

 僕は英語が話せないので、どう声をかけたらいいのか迷いながらも、こんなチャンスはなかなかないので、頭を振り絞って英語を考えて、勇気を出して声をかけたんです。「コディ?」って。ただ名前を言ってイントネーションをあげて質問風にしただけですが(笑)。

 そして、このバングルを見せて、「アイ・アム・ユアファン(僕はあなたのファンです!)」と繰り返しました。

 コディも相当うれしかったようで名刺を出して、「いつでも連絡くれ」みたいなことを言って、二人で街なかでハグし合いました。

 あとでそのときにもらった名刺を見たら、名刺ではなく商品カードで連絡先が入ってなかったんですが、コデイも日本で突然、自分のファンと出会えた興奮から、間違ったカードを渡したようです(笑)。

 その後、コディはファッション業界で有名になり、雑誌でちらほら見かけるようになりましたが、僕が出会った頃はまだ日本ではほとんど知られてなかった頃なので、コデイも日本のファンにめちゃめちゃ喜んでくれていました。

 バングルに一目惚れして、これを作った人はどんな人なんだろうと思ったら、そのアメリカ人とばったり日本で出会うって、すごい奇跡です。

 でも、すべてはつながっているから、ありとあらゆる奇跡は起こりうるのです。

 そして、世界とつながりを取り戻す方法が、心の周波数(アンテナ)を圏内にすることなんです。それはつまり、心の状態をプラス(ごきげん)にすることです。

 前回に書いた未来を作る方程式。

心の状態がプラスになれば、世界とつながった状態になるので(圏内)、ハッピーは向こうからやって来てくれるのです。

アンテナが圏内になるとすべてがサインとして現れる

 こんなこともありました。僕の最初で最後の弟子であるタクシードライバーをやっていた小野まことさんの話です。

 彼は、タクシーの中で、お客さんを背中で感じて、ひらめいた言葉を赤信号のときにそっとカードに記し、降りる時にプレゼントするという〝名言タクシー〟なる活動を始めていました。その活動に注目が集まり、「名言タクシー」という企画で書籍化しようという話も生まれていました。

 そんな彼から、ある日、相談されたんです。

 「実は、タクシードライバーをやめたいと思ってるんですが、ひすいさんはどう思いますか?」

 せっかく「名言タクシー」という書籍化に挑戦してる最中に、本になる前にタクシーをやめてしまうのはもったいないのではないか、というのが頭で考えた場合の答えです。でも、僕は彼の相談に対して、そうは言わずにこう返しました。

 「今はやめる、やめないの前に、体を休めることが大事だと思う。仕事のペースを落として、ゆったりする時間を持つことが先決だと思う」

 すると、まことさんは「ひすいさん、なんでわかるんですか?」と驚いてるんです。タクシードライバーという仕事は、過労死で亡くなる方がけっこういるんだそうです。昨日まで普通に休憩室でコーヒーを飲んでいて元気だった人が、翌日の朝礼で亡くなったと発表されるといったことが何件か続いていたとか。

 その頃、まことさんも体調が優れずにいたタイミングで、この先どうしようかと考えていたのだそうです。

 まことさんに相談されたとき、大阪で電車に乗っていたんですが、「ひすいさん、なんでわかるんですか?」と聞かれて、僕はこう言いました。

 「だって、この目の前の広告に『休みなさい』と書いてあるから」

 そう、乗っていた電車の僕らの目の前の広告に「休みなさい」と書いてあったので、それを伝えただけなんです(笑)。

 毎日をごきげんで過ごしていると、世界とつながり直せるんです。アンテナが圏内になりますから、すべてがサインとして現れてくるんです。つながっているのは人だけじゃないからです。

 松任谷由実さんが「やさしさに包まれたなら」という歌の中で、こう歌っています。

やさしさに包まれたなら 歌詞

 そう、あなたの心が優しさに包まれたら、目にうつるすべてのことはメッセージになるのです。

(次回に続きます)