ゆほびか ゆほびか
  • 文字サイズの変更
  • 大
  • 中
  • 小
  • SNS
  • twitter
  • facebook
  • instagram

【齋藤一人】最強運のつかみ方 その②~No.1幸せ富豪が伝授! 当代随一の運気哲学

皆さん、こんにちは、一人さんです。今日は、はなちゃん(お弟子さんの舛岡はなゑ先生)と二人で、「運をつかむ」ということについてお伝えします。きっと、皆さんの役に立つと思って、一生懸命お伝えしていきますから、楽しみながら読んでください。

あと、いつも言うことなんだけど、私の話には「不思議だな」と思うようなこともあります。信じる、信じないは皆さんの自由なんだけど、全部本当のことですからね。そう思って読んでくれたらうれしいです。

●本記事は『ゆほびかGOLD』vol.43(2019年刊)の記事を再編集したものです。

Index

その① 軽~く考えていたら、絶対なんとかなるんです

その② 英語ができなくたって全然大変じゃないんだよ

その③ 自分には魅力があると思うだけでいんです

その④ 自分の幸せがみんなの幸せにつながるんです

その⑤ 「私、めっちゃ運が強いんで」を口ぐせに

その⑥ 思い込みの強さがズバ抜けた強運を作るんだ

その② 英語ができなくたって全然大変じゃないんだよ

はなゑ 一人さんが大成功できた理由の1つは、周りの目や声をまったく気にしないで、自分の考えを貫いたからなんですね。

一人さん そう。本来、人は自由にさせておけば、周りの目なんて気にしないの。

私みたく、どこまでも自分を貫けるようになるんだよね。

人にバカにされようが何しようが、自分の興味があること、好きなことには、どんどん挑戦するはずなんだ。

ところが、親も先生も、勉強とか習い事とか、子どもが嫌がることを強制するんだよね。
嫌なことを無理にさせるために、大人が真剣になって脅かすんだよ。

「勉強ができないと大変だぞ」「英語ができないと苦労するぞ」

それって、本当かな?

「英語ができないと大変だぞ」って言う親に限って、親が英語を話せないんだよ(笑)。だけどそう言う親御さんも、立派に生きてるじゃない。

あなた、社会でじゅうぶん通用しているよね? ということは、別に英語ができなくたって大変ではないんだよ。

はなゑ 今は自動翻訳機などの便利なツールもありますから、英語ができなくてもそんなに困らないと思います。そもそも、英語が必要な仕事に就くかどうかもわからないのに、根拠なく子どもに英語を押しつける親御さんが本当に多い……。

もっと軽い気持ちで、「英語なんかできなくたってだいじょうぶ」って思っていれば、本当にだいじょうぶな人生になるのに。

一人さん そうだよね。もちろん、英語が好きだとか、勉強が好きな子には、どんどん勉強させたらいいんだよ。好きってことは、それが向いているということだから、楽しく勉強できるんだよね。

で、将来もその楽しいことを使って、うまく生きていくの。

それと同じように、勉強が苦手な子は、勉強ができなくてもちゃんとうまくいく道へ進むものだよ。自由にさせておけば、苦労する道へ進むはずがない。

それを大人たちが変な強制をするから、子どもたちは「自分らしさ」を失って、生きづらさを感じるようになるんだ。

(次回その③に続きます)

Index

その① 軽~く考えていたら、絶対なんとかなるんです

その② 英語ができなくたって全然大変じゃないんだよ

その③ 自分には魅力があると思うだけでいんです

その④ 自分の幸せがみんなの幸せにつながるんです

その⑤ 「私、めっちゃ運が強いんで」を口ぐせに

その⑥ 思い込みの強さがズバ抜けた強運を作るんだ