ゆほびか ゆほびか
  • 文字サイズの変更
  • 大
  • 中
  • 小
  • SNS
  • twitter
  • facebook
  • instagram

【自分中心心理学】④悩みに回答ーパート先でうまくなじめず不安になってしまう

2020/04/14

【職場の悩み】パート先でみんなとうまくなじめず、不安になってしまう

43歳の女性です。パートで働き始めました。
いろんな年齢の人がいて皆親切なのですが、なんだかうまくなじめません。
私以外は和気あいあいと楽しそうで、仲よくしたいのですが、なかなか会話にも入っていけません。浮いてると思うとつらくなることがあります。
古株の女性に注意されただけで、つい深く考えてしまって不安になります。うまくなじんで、できれば心を許せる友人を作りたいです。

【回答】「私は人が怖いんだ」と口に出してみましょう

 皆の輪の中に入れない、友だちができないと悩んでいる人は、ほんとうは「人が怖い」と思っています。それなのに「みんなと仲よくしたい」と思うのは、「友だちがいたら幸せ」という一般概念による思い込みです。

 潜在意識では、「友だちを作ることは怖い。自分に寄ってきてほしくない」と思っているので、あなたの思いが現実になっているわけです。

「そんなふうに感じたことは一度もないのですが……」と思われるかもしれませんね。でもそれは、自分を傷つけたくないために、感情にフタをして鈍感になっているだけです。

 自分の感情に気づけない状態のまま、「なぜ私は人が怖いのだろう?」と考えてしまうと、堂々巡りになり、思考に走るパターンから抜け出せなくなってしまいます。

「自分中心」を実践するうえで大事なことは、“感情を味わうこと”。私たちは感情が納得しなければ動けない生き物だからです。

 そんなときは、「そうか、私は人が怖いんだ。ほんとうに怖いんだ」と口に出してみましょう。

 そして、丁寧に自分の気持ちを感じてみてください。自分の気持ちに焦点が当たるようになると、みんなの輪に入ろうとしたとき「ああ、私は怖かったんだ~」と初めて「怖さ」を実感できるようになります。

 こうして、自分の感情に気づけるようになると、自分に無理をさせなくなるので、「頑張ってしゃべらなくてもいい。微笑んで黙っているだけでじゅうぶん」と気持ちがリラックスします。「仲よくしなければ」「この場をなんとかしなきゃ」というプレッシャーがなくなり、自分が楽になるでしょう。

 楽になるということは、「こないで!」と相手を遮断していたブロックが解かれるということ。すると、相手も警戒を解いて、あなたに話しかけてくれるようになってきます。

関連記事