ゆほびか ゆほびか
  • 文字サイズの変更
  • 大
  • 中
  • 小
  • SNS
  • twitter
  • facebook
  • instagram

【自分中心心理学】⑥悩みに回答ーいい出会いがないままこの歳になってしまいました

2020/04/16

【結婚の悩み】ずっと独り身で、なにも残せていません

41歳、独身。両親と同居しています。
いい出会いがなく、この年になってしまいました。大学を出て就職した会社が倒産し、それ以降はずっと派遣の仕事をつないでいます。
周りの友人を見渡せば、子育てもいち段落しつつあり、いったい自分はなにをやっていたのかと思います。
親にも心配をかけ、なにも残せていない自分が情けなく、将来も不安です。

【回答】自分の原始的な欲求に耳を傾けてみてください

 結婚できない人たちは「いい出会いがない」と言いますが、実は「他人といっしょに長くいられない」というのが、ほんとうのところです。

 もちろん本人は、そのことに気づいていません。職場の人や友だちとは、そこそこのおつきあいができているからです。

 限られた時間しかいっしょにいない人たちとは、仮面をかぶっていれば、コミュニケーションはとれます。しかし、結婚相手となるとそうはいきません。朝も夜もいっしょですから、どうしても素の自分を見せなくてはなりません。

 しかし、「他者中心」の生き方だと、「彼は、私をどう思っているんだろう?」「こんなこと言ったら嫌われないかな」と不安になり、素の自分を見せられません。

 つまり、相手を意識するあまり自分の感情をたいせつにできないので、いっしょにいても疲れてしまい、恋愛も長続きしないのです。

 そこでまず、自分の原始的な欲求である食欲や睡眠欲、性欲などに耳を傾けましょう。

 例えば、「今、お団子とケーキのどっちを食べたいのか」「寝たいのか、まだ起きていたいのか」など、細かく自分の欲求を確認します。

 自分の欲求を自覚できるようになると、やがて自分の感情を大事にできるようになってきます。

 また、周りの状況と比較するのは人間社会で生きている以上、仕方のないことでしょう。でも、そんなときは、他人ではなく、自分に目を向けましょう。

「1週間前より気持ちが満たされている」など“自分の過去”と比べるのです。過去と比較して今できているところを探すと、自己信頼感が高まります。

 自分を信頼できるようになると、素の自分を隠す必要がなくなるので、他人といっしょにいても苦痛を感じなくなり、すてきな出会いに恵まれるようになるでしょう。

関連記事