ゆほびか ゆほびか
  • 文字サイズの変更
  • 大
  • 中
  • 小
  • SNS
  • twitter
  • facebook
  • instagram

【成功力第一章】斎藤一人さんが教える「成功するための心がけ」その2

2020/06/26

 納税額日本一の幸せな成功者、斎藤一人さんが教える「成功力」シリーズ!
 誰でもちょっとした心がけでできる成功のコツをお伝えします。

質問「これからの時代にたいせつになる『口ぐせ』を教えてください」

 斎藤一人先生の大ファンです。楽しく成功したいので、「天国言葉」、「今日1日人に親切にしよう、奉仕のつもりで働こう」、「この人にすべてのよきことが雪崩れのごとく起きます」、「私は愛と光と忍耐です」といった、斎藤一人先生から教わった口ぐせを、楽しく実践しています。

 今年以降、ますます、経済が厳しくなるという予測がありますが、これからの時代を生き抜くのに、特に役立つ「口ぐせ」があれば、お教えいただけませんでしょうか。また、お金に好かれる「口ぐせ」があれば、お教えください。

回答  「お金の悪口を言うのだけはやめたほうがいいです 」

 はい。こういうことですね。これから経済が暗くなりますからね、明るい言葉ならなんでもいいんです。「だいじょうぶ、だいじょうぶ」とか「心配ないよ」とかね。

 みんなが暗くなるときに明るいことを言える人、そういう人がリーダーになるんです。だから明るくなるようなことを口ぐせにするといいですよ。暗くなったらみんなが暗いことを言うからね。

 そのとき、いっしょになって暗いこと言ったらダメなんです。それだけ注意してくださいね。

 あと、もう1つ、お金に好かれる言葉がありますかってことに答えます。お金に好かれない人ってね、「人生金じゃないよ」とか、そういうことを言うんです。

 だからって、人生金だとかって言いたいんじゃないですよ。たいせつなものって、友達もたいせつだし、友情もたいせつなんだよね。だけど、お金の悪口を言うのだけはやめたほうがいい。

 お金の悪口を言わずに「お金ってたいせつだね」とか、「お金を生み出してくれる仕事ってたいせつだね」とか、そういうあたりまえのことを言わないと、お金から嫌われるよっていうことです。

 以上です。

関連記事