ゆほびか ゆほびか
  • 文字サイズの変更
  • 大
  • 中
  • 小
  • SNS
  • twitter
  • facebook
  • instagram

風水環境科学的「ゆる片づけ」【1】ー行動が変わり運気にも寄与する

2020/02/27

東洋の叡智と現代の科学的知見を融合

 私は古代からの東洋の叡智である「風水」と、脳科学・環境心理学・行動経済学など、現代の科学的知見を融合させ、独自の「風水環境科学」を体系化しました。それをもとに、幸福な人生に寄与する住まいや職場の環境作りを提唱しています。

 環境と運との密接な関係を、風水は何千年も前から理解していました。しかし、それらは直観的・経験的に体系づけられたものであり、なぜ環境を整えると運がよくなるのかという説明はありませんでした。

 ところが近年になって、科学が発達したことにより、環境と運をつなぐ大事なファクターが浮かび上がったのです。それが「脳」です。

 環境が発する情報(=氣)は、五感を通じて脳に入り、脳を経て心や体に作用します。氣が乱れていれば、心が乱れ、体の健康状態も乱れます。それは行動を乱しますから、不自然で誤った行動がふえ、結果、運も悪くなっていきます。このように、環境は脳に作用し、運のよし悪しすらも決めるのです。

脳は五感を通じて環境から情報を得る

 ドイツ・ハイデルベルク大学生理学研究所のマンフレート・ツィメルマン教授の研究によれば、人間の脳は、毎秒1千百万ビットもの情報を無意識に受け取っています。

上の表をご覧ください。われわれが見ている、聞いていると思って意識している知覚の情報量は、五感すべてを足し合わせても、たったの77ビット(※)しかありません。

●ビットとは…情報の最小単位。「1か0か」「ONかOFFか」など、2つの選択肢から1つを特定できる。

 この科学的研究結果は、人が知覚できる情報は、わずか0.001%以下だということを示しています。つまり99・999%以上の情報は、意識されることなく(無意識に)脳に入って来ているということです。

 人間の脳は、環境が発している情報(=氣)を、五感を通じて無意識に受け取っています。ということは、環境の情報(=氣)が乱れていれば、すなわち、自宅や職場が散らかってガラクタが多ければ、脳が混乱し、思考が乱れ、心も乱れ、行動も乱れ、結果的に人生が混乱するのです。

 逆に言えば、環境が発している情報を変えないかぎり、脳にインプットされる情報が変わらないので、アウトプットされる情報(=考え方や行動)も変わりません。

 最新の脳科学が明らかにしたところによれば、「楽しい」「嬉しい」「心地よい」などの肯定的な感情を感じているとき、あるいは「やる気」に満ちているとき、脳の中では、特定の神経伝達物質(脳内ホルモン)が分泌されています。

 このようなとき、人は頭脳が明晰になり、健康度が高まり、行動も洗練されます。結果として生産性が高まり、物事の流れがスムーズになり、素敵な偶然が起こるようになります。これが「ツイている」状態です。「ツキ」や「運」を呼ぶためには、環境を整えて、脳の状態を「快」にすることが必須条件なのです。

 逆に、ガラクタが多く、部屋が散乱していると、やる気や積極性を失います。部屋の情報(=氣)の乱れが、脳の前頭葉の秩序を乱し、働きを低下させ、物事の優先順位がわからなくなってしまうのです。

 こうした状態を放っておくと、やがて病気になったり、収入が減ったり、家族に影響が出たりします。めんどうくさがりが高じて肥満になることもあれば、子どもの成績低下や、不登校につながることもあるのです。

風水的に見ると家の水とは「動線」のこと

 風水の観点から見ても、結論は同様です。風水とは、読んで字の如く、「風」と「水」。氣は風に乗って動き、水に会って留まる性質があることから、その言葉が生まれました。

 いい水にはいい氣がたくさん入りますから、風水では、風通しがいいことと、水がきれいで流れがいいことを重要視します。水の状態がいいと、お金の状態もよくなります。体に当てはめるなら、風は呼吸のこと。水は血液循環を意味します。当然、流れは順調でなくてはなりません。

 風水において、家の立地を考えるとき、水は川や道路を意味し、家の中を考えるとき、水は人が歩く経路である「動線」を意味します。
 家や部屋も、ガラクタが多いと風が流れにくく、部屋は”呼吸困難”になります。水で
ある動線が阻害されて、部屋は血管が詰まった”梗塞”状態となり、お金の流れも悪くなってしまいます。

 片づけは、家と住人がそうした状況に陥るのを防いでくれます。風水環境科学的にいうと、片づけとは、家における風と水の流れをよくし、情報とお金の流れを整える行為なのです。

床にモノがたくさんあると、氣は停滞して流れません。動線も阻害されるため、脳の前頭葉に悪影響が加わり、積極性・やる気を失います
片づけられ、動線の確保された家は風通しがよく、いい氣がどんどん流れるため、積極性が向上し、結果的に金運アップにもつながります

松永修岳の関連書籍

関連記事