ゆほびか ゆほびか
  • 文字サイズの変更
  • 大
  • 中
  • 小
  • SNS
  • twitter
  • facebook
  • instagram

【成功力第三章】斎藤一人さんが教える「幸せに成功する“意志力”の磨き方」その1

2020/12/01

 納税額日本一の幸せな成功者、斎藤一人さんが教える「成功力」シリーズ!
 誰でもちょっとした心がけでできる成功のコツをお伝えします。

質問「真に強い意志とは、なんでしょうか?」

 斎藤一人先生は、ご著書の中で、「人間には、神様がつけてくれた自由意志がある」とおっしゃっています。
 自分の意志をどのように使うかで、人は、幸せにも不幸にもなれるのだと、深く納得しました。私は幸せを選びたいと思って、天国言葉(16ページ)や、上機嫌でいることなどを、できるだけ実践しています。

 人間はなぜ、神様から、幸せも不幸も選べる、自由意志というものを授かっているのでしょうか。お教えいただければ幸いです。

回答「人が自由意志を授かっているのは、 幸せになるためなんだよ」

 はい、お答えします。
 その前に、これは信じる人と信じない人がいますからね。信じられない人は全然信じなくていいですからね。こういう考えがあるのかっていう程度でかまわないから聞いてください。

 なんで自由意志を授かってるかっていうと、人間ってのはね、何度も何度も生まれ変わって、魂の成長をするんです。それから、因果の解消をするっていうことがあるんです。
 因果っていうのは、過去にやってきた負の行いだと考えてもらっていいです。因果の解消っていうのは、その行いを解消するんだよっていうことなんです。

 例えば、マイナスの因果っていう、100の力があるマイナスパワーを持って生まれてきちゃう人がいるんです。これは、そのままだと、その人はただただ苦労するために生まれてきたってなっちゃうんです。だから、そうならないように回避しなきゃいけないの。

 生まれながら100のマイナスパワーを持っている人は、自分のプラスパワーを100出せば、プラスマイナスゼロになれるんです。そのため、人には人それぞれ自由意志を与えられてるの。 

 自由意志が与えられてなかったら、苦労する人は苦労するために生まれてきたことになっちゃうから。そういう人は、幸せになれないってことになっちゃうんだよ。だから、人間には、自由意志が与えられている。幸せになるために、自由意志を与えられているんだよっていうことです。以上です。

関連記事