ゆほびか ゆほびか
  • 文字サイズの変更
  • 大
  • 中
  • 小
  • SNS
  • twitter
  • facebook
  • instagram

【成功力第一章】斎藤一人さんが教える「成功するための心がけ」その22

2020/08/09

 納税額日本一の幸せな成功者、斎藤一人さんが教える「成功力」シリーズ!
 誰でもちょっとした心がけでできる成功のコツをお伝えします。

質問「自分がいばらなくなる、なめられなくなる方法を教えてください」

 斎藤一人先生の「いばっちゃいけない、なめられちゃいけない」という言葉についてご質問です。自分でも気がつかないうちに、いばってしまうことがあると思うのですが、いばらなくなるコツはありますか?

 また、なめられちゃいけない、ということについては、どうすれば、誰からもなめられなくなるのかが、よくわかりません。なめられない自分になるための、心の持ち方や、言葉、行動のヒントをお教えいただければ幸いです。

回答「 『相手がわかるように話せばいいんだ』っていう気持ちになるんです 」

 はい、お答えします。最初の質問は、「いばっちゃいけない、なめられちゃいけない」っていうことをいつも頭に入れておくんです。すぐいばっちゃう人は、いばっちゃいけないっていう言葉が頭に入ってないんです。

 すぐになめられちゃう人っていうのは、頭に「なめられちゃいけない」っていう言葉が入ってないんです。例えば、ヒツジは、あの角で毎日戦ってるのに、トラとかライオンが来ると、戦うっていうのが頭に入ってないから、おとなしくしてただ食われるだけなんです。

でも、人間はヒツジじゃないんです。

「どうしたらいばらなくなりますか」っていうと、「いばっちゃいけない、なめられちゃいけない」って言うのを、口ぐせにする。すると、「いばっちゃいけないんだ、ゆっくり話せばいいんだ、相手がわかるように話せばいいんだ」っていう気持ちになる。

 ところが、実際にやってみるとできないんです。それでつい、またいつものくせでいばっちゃうことがある。ただそのとき「やっちゃったよ、おれ。またいばっちゃったよ」とかって嫌な気分がするんです。嫌な気分がするっていうことは、そこで反省なの。

 次からは「このバカヤロー」って言うところを、「あほだなあ」とか、「お前ダメだよ」とかって、だんだん進歩するんです。ピラミッドだって、下の1階からだんだん築き上げているんです。

 あの、新小岩から東京駅に行くとするじゃない。そうすると電車に乗っかってすぐ東京駅じゃないからってガッカリする人がいるけど、駅順は、平井、亀戸、錦糸町ってなってるんだよね。わかるかい?

 1つずつ行くんです。それをなんで、すぐに東京駅じゃないんだろうって、いちいち電車から降りてベンチで座って悩むのはやめな。時間の無駄だから。失敗しながらでも1つずつ行くんです。

 今までどなってても反省すらしなかった人にしたら、「なんでおれは、毎日いばっちゃいけないって言ってるのにやっちゃうんだろう」って反省するだけまし。誰でも1年生2年生って上がっていくんですってことです。

 それから、なめられちゃいけないっていうのは、「なめられちゃいけない」っていつも言うんです。言っていれば、脳はちゃんとそういうふうに反応するようになってるから。ただ、いきなりはできないんです。少しずつできるようになるんです。いばらなくなるのに時間がかかるように、1階、2階、3階、4階って、ピラミッドを積み重ねていくんです。それと同じようにあなたも積み上げていってください。わかったかい?

 以上です。

関連記事