ゆほびか ゆほびか
  • 文字サイズの変更
  • 大
  • 中
  • 小
  • SNS
  • twitter
  • facebook
  • instagram

【本田健】「目に見えない力」を 活用して幸せな人生を生きる(2)

2020/05/19

「これがあなたの未来」というビジョンが見えた

現世を変えるためにはどうしたらいいのか。

そのことに興味を持った時期に、今の妻と不思議な出会い方をして子どもを授かり、それから「半スピリチュアル子育て」みたいことをやってきました。

 不思議な話ですが、あるときベビーカーを押しながら歩いていたら、パッと景色が変わり、目の前にビジョンが映ったんです。

「これがあなたの未来」ってメッセージが来て、「えっ、本?」と。

僕が書く本の表紙だとわかって、すごく混乱したんです。

本なんて書いたことがないからです。ただ思い返せば、昔からいろんな人に「ゆくゆく作家になる」とは言われていました。

 作家になった後にも、「世界中の文化人を繋ぎ、人類が新しい意識に行くための準備をするアジアのリーダーの1人」とも言われました。

当時まだ本を2~3冊出した程度で、ピンと来なかったのですが……。

 僕の才能はたいしたことがないと思いますが、いろんな人にサポートされたり、然るべきときに情報やお金がやって来たり、世界的なベストセラー作家の会に入れてもらったり、そういう十数年来の出来事を俯瞰してみると、言われた未来はそんなに外れてないのかな、という気もします。

 皆さんも、そういうビジョンが見えたり、直感の情報を受け取ったりすることがあるはずです。

 視覚で見る人、聴覚で聞く人、触感で感じる人、味で味わえる人、いろいろです。

例えば、「自分が大きな講演会で話している」姿が見える人もいる。

「本を書きなさい」って声が聞こえる人もいる。

「甘い味がする」とか「いい香りがする」とか、ある人のことを考えたらゾクッと来て、「結婚する相手」だとわかったり。

 ただし、その直感を直感のままで捨ててしまったら、意味がない。

大事なのは、直感の情報を研ぎ澄ましていくこと。すると、不思議な偶然がいっぱい起こり始めます。

「これは長野ってことだね」

 僕の人生も直感に導かれることが多々あり、行き当たりばったりなところもあります。

 こんな話があります。あるとき妻がママ友から「いいシュタイナー教育(※)の幼稚園が長野にある」と聞いてきて、ネットで検索したら、ヒットした園があったんです。

※20世紀はじめのオーストリアの哲学者・神秘思想家ルドルフ・シュタイナーが提唱した「教育芸術」。

 見学に行って気に入り、長野に住む家まで決めて帰ってきました。

 妻がママ友に「長野に引っ越す」と報告したら、「えっ、私は名古屋って言ったんだけど……」って(笑)。

 それでも妻と「これは長野ってことだね」と。いいかげんでしょう?

 それで長野での生活を楽しんでいたら急にインスピレーションが降りてきて、本を書き始めたんです。

(次回に続きます)

関連記事