ゆほびか ゆほびか
  • 文字サイズの変更
  • 大
  • 中
  • 小
  • SNS
  • twitter
  • facebook
  • instagram

【本田健】副業も自宅ビジネスも自由自在! 大好きなことをして収入を上げる習慣

2020/12/26

収入を決める決定権を自分自身に取り戻す

 もっと収入があったらいいなぁと思っている人が多いと思います。けれども実際は、人生の最後までお金の不安から逃れることのできない人がほとんどだと思います。それは、収入を増やすという大事な作業を、他人に委ねているからです。

 会社の給料はあなたが決めるわけではなく、会社が一方的に決めています。どんなに増やしてほしいと願っても、「じゃあ給料上げてあげるよ」とはなりません。会社の業績に応じてボーナスでこたえてくれる会社もあるでしょうが、根本的なところは変わらないのです。

 つまり、あなたが、人生でこれだけのお金が欲しいんだという要望に、会社はこたえてくれません。

 自営業の人も、お客さんが買ってくれないことには売り上げは立ちません。もっと買ってくれたり、お客さんの数が増えたりしないと、収入は増えないのです。

 つまり「収入は自分で決められず、人によって決められるんだ」という前提に立つと、その通りになってしまいます。けれども本当は、収入を決める決定権は、自分自身に取り戻すことができます。

「収入は自分で決められない」という思い込みにこそ、収入が増えていかない大本の原因があるのです。

 あなたは、収入を増やすための努力をこの1年間でどれぐらいしたでしょうか。会社に勤めていても自営業でも、圧倒的な成果を出していれば、収入はあなたが誰かに頼まなくても勝手に増えていきます。

 周囲の誰もが「この人にはもっと高い収入がふさわしい」と思うくらいの圧倒的な結果を出すことにエネルギーを注いでみてください。

「与えたものが受け取るもの」というのはとても明快なルールです。

 例えば通勤時間に、毎日10個ずつ、今の仕事で成果を上げるためのアイデアを考えて、それをできるところから実践していったら、1カ月、3カ月、半年と立つ間に、実績も、周囲からの評価も、劇的に変わっていくでしょう。

 自分がいる場所で、収入を上げていくことが案外、早道だったりするものです。それでも今の会社で収入が変わらないとしたら、他の会社から引き抜かれたり、新たな仕事や働き方が見つかったりするでしょう。

やりたいことに打ち込み周囲に発信していく

 豊かさは、想像もしなかったルートで入ってくることもあります。
サラリーマンから料理人になって、最初はお店さえなく、出張料理人をしていた友人がいます。
 彼は大好きなフランス料理の研究を重ね、いくつもの店から声がかかるようになり、シェフとして腕を振るうようになりました。今では3店舗目にして、自然豊かな地のレストランのシェフを務め、評判を呼ぶまでになっています。
 彼がやり続けたのは、おいしい料理を作り続けること。そして、出会った人たちに、自分の夢を伝えたことでした。つまり、自分がやりたいことに打ち込むとともに、自分は何をしたいのかを世の中に発信して行くことで、今の時代は、応援してくれる人が集まりやすいのです。
 その意味では、コツコツと貯金をしていくとか、収入を上げていくということ以外にも道はあると、頭を切り替えることも必要でしょう。
 お金は、あなたが人に与えたものから生まれます。あなたは何を人に提供できるでしょうか。
 例えば、文章を書くのが好きな人であれば、作家になる、記者になる、メールマガジンを発行する、子供たちの作文教室をする、大人向けの文章教室を開く、ミニコミ誌や広告の原稿を書く、など、アイデア1つで可能性は広がります。
 例えば、大好きなアロマの先生をやっているうちに、健康情報に詳しくなり、素晴らしい運動療法や健康食品に出会う。それを人に紹介していたら、いつの間にかそちらもビジネスになることもあり得ます。
 自分が夢中でやっているうちに、人に喜ばれるので、結果的に収入源がどんどん増えていくわけです。

副業禁止の会社でもアイデア次第

「会社勤めだからできないよ」とあきらめる必要はありません。例えば副業禁止のサプリメント会社があったとします。

その社員が、健康に関する知識を知ってほしいと願ってブログを立ち上げたとしたら、それに関して会社は何かを言ってくるでしょうか。

 ブログだけなら収入にはなりませんが、ブログによっては広告を組み合わせられますし、通販サイトのリンクを貼って、お客さんが買ってくれたらボーナスが入ってくる仕組みをつけることができます。

 あるいは保険の仕事をしている営業マンがいたとします。彼らの顧客はお金に余裕がある人たちです。そこで彼は友人と相談して、住宅会社に勤めている友人や、自動車販売店に勤めている友人と組んで、異業種交流会を開くことにしました。そこで集まったメンバーから、「お互いの会社から買いたい」と言う人が出てきても不思議ではありません。

 これは会社にとってもありがたいことではないでしょうか。住宅や自動車が売れたりしたときに、紹介手数料が発生することもあるでしょう。つまり交流会を主宰し、そこでお金が回った時に、会社外でお金が入ってくる可能性もあるわけです。

 これも会社によっては副業として禁止することではないかもしれません。こうして考えると、会社にきちんと貢献しながら、自分の収入を複数にしていく方法はいくらでもあると思います。

 最初はボランティアでも、自分が好きなことを続けていけば、技術が身につくでしょう。意外なところから誘いを受けて次の道が開けるということもあり得ます。
 世の中には出資したいと思っているお金持ちも結構いるものです。
 会社員でも、主婦でも、あなたが人に喜ばれることをワクワクしてやり続ければ、不思議な偶然が起きます。

 たとえ何も起きないとしても、人生が楽しくなることは、間違いありません。

関連記事